医療機関の方へ

3.0T MRI装置での検査

御池クリニックでは2011年4月25日より磁場強度3.0Tの超高磁場MRI装置MAGNETOM Skyra(シーメンス製)を稼動しています。

現在、国内において主に検査で使用されているMRI装置のほとんどが1.5Tか、それ以下の磁場強度ですが、超高磁場を利用した高分解能で高コントラストな画像をご提供できる装置として、このMAGNETOM Skyraを選択しました。

選択の理由に高画質と言う事だけなく、他装置が開口部60cmと狭いものが多い中、CT装置と同様の70cmと広くなっており、検査中に音楽を聴いて頂きながら検査が行えるなど、ワンランク上の患者様に優しい検査環境で検査が実施できています。

御池クリニックでは高信号高分解能という特長を生かし四肢関節の撮影に力を入れています。

膝の撮影では膝専用15ch送受信コイルを使用することにより、今までにない高分解能撮影を実施しています。

このコイルは手関節、足部、足関節の撮影などにも使用でき、多くの部位を15ch送受信コイルで撮影が出来ます。そのため3.0T MRI装置の能力を最大限発揮することが出来ています。

1.5T MRI装置に比べ検査時間が大幅に短縮できた検査として、下肢造影MRAがあります。1.5T MRI装置では45分間と長い検査時間を要していましたが、現在では25分間と短時間での撮影を可能にしています。

手関節MRI

手関節MRI

御池クリニックでは手指、足指、四肢関節、腹部、骨盤部、乳腺など様々な部位の高分解能画像を提供しています。

当クリニックでは、3.0T MRI装置の稼働実績1年半という他施設と比べて豊富な撮影経験を生かして、撮影部位を限定せず、手指、足指、四肢関節、腹部、骨盤部、乳腺など様々な部位の高分解能画像を提供しています。

当クリニックには、MRI認定資格を有している技師がおりメーカーと協力しながら機器の保守点検に当たっています。多様なニーズに応えられるよう日々知識の蓄積を心がけています。

メーカーからは見学サイトに登録されており、高評価を得ております。
施設として最高の画像を提供できるように、放射線技師だけでなくコールセンター、アシスタント、看護師が一丸となって検査を支えています。

乳腺ダイナミックMRI

乳腺ダイナミックMRI

上腹部MRCP

上腹部MRCP

頚椎MRI

頚椎MRI

​​
 

医療法人知音会 御池クリニック

〒604-8436 京都市中京区西ノ京下合町11
(西大路御池西南角)島津プラザビル1F・2F

フォトギャラリー
医療法人 知音会 サイト
  • 医療法人知音会 四条烏丸クリニック
  • 医療法人知音会 中之島クリニック
​​